北区男女共同参画推進ネットワーク
                               


<北区男女共同参画推進ネットワーク>の活動〜2009年〜

2009年の活動をご紹介します
北区男女共同参画推進ネットワーク(愛称:ねっとわーく)は、わたしたちが手をつなぐ出会いの場。性別にかかわらず、一人ひとりが個性や能力を十分に発揮できる社会づくりをめざす私たちの活動に、あなたも参加してみませんか?

2月、『区議との懇談会』。各会派より10名の区議さんが参加。4グループに分かれて話し合いました。
『区議との懇談会』その2 今年のテーマは「仕事と家庭及び地域生活を両立させるためには」〜ワーク・ライフ・バランスを推進するためにはどうしたらよいか〜でした。たくさんの意見交換ができて有意義な懇談会でした。
3月、『案内ボランティア研修会』。平成16年4月、北区男女共同参画センターが北とぴあ内 スペースゆうに移転して以来、ボランティアで案内事業を行っています。その実績と必要性が認められ、4月より有償化されることになりました。研修会を行い、今まで以上に心のこもったご案内ができるように新たなスタートをいたします。
3月消費生活グループ『バス見学会』、「横浜港税関」と「男女共同参画センター横浜」を見学しました。横浜港税関では細かいデータに基づいた解説付きで案内していただきました。輸入食品の水際での実態は想像を絶する劣悪な内容。食文化の乱れを目の当たりにして、現実を見つめ直すことが極めて重要であるということを感じさせられました。
4月、『定期総会』
続いて『会員交流会』じゃんけんで、花鉢プレゼント
4月、『’09ねっとわーくまつり』オープニング。白樺会の皆さんと一緒に、北区の歌で始まり!
『’09ねっとわーくまつり』その2 学習会−男女共同参画条例をどう役立てるか?−講師:牛島光恵さん
『’09ねっとわーくまつり』その3 会員から募集した川柳、参画五七五
『’09ねっとわーくまつり』その4 ねっとわーくシアター。男女共同参画についてのDVDを上映
『’09ねっとわーくまつり』その5 シャンソンライブ「歌ある限り」やまざきれいこさん
『’09ねっとわーくまつり』その6 体験、メタボ診断
『’09ねっとわーくまつり』その7 炊き込みご飯と杏の販売
6月、『2009 おちゃのこ祭祭』に参画。オリジナル名刺を100シート以上作成
『2009 おちゃのこ祭祭』その2 杏の販売
7月、『案内ボランティア研修・情報交換会』 スペースゆう、プラネタリウムホールにて
、『案内ボランティア研修・情報交換会』その2 講師:山崎礼子さん(スペースゆう相談員) テーマ「DV被害者についての理解と対応」を学習
8月、『NWECフォーラム2009』国立女性教育会館にて、3日間に渡って開催された講演会やワークショップに、13人が参加
9月、まちづくりグループ『北区戦跡めぐり』(財)北区まちづくり公社、参加24名、バスで区内の戦跡を巡りました。四本木稲荷神社(第一陸軍造兵廠滝野川工場の構内社) 同十条工場内の四本木稲荷社を分祀したもの
まちづくりグループ『北区戦跡めぐり』その2 豊島ドック跡、案内役の黒川さん(北区中央図書館 地域資料専門員)の説明を熱心に拝聴
10月、『第37回北区消費生活展』 北とぴあ展示ホールにて、名刺屋さんで参画、注文のオリジナル名刺づくりに大忙し
『第37回北区消費生活展』その2 杏の販売、ねっとわーくではテーマ「マイ水筒でチャージ!〜ゴミを出さないことがエコ〜」自販機やペットボトルのことを考える学習展示
10月〜11月、会員向け『 パソコン講習会』、今年は回数を6回に増やし、講師とアシスタントをねっとわーく会員が担当(ワード初級)
6回で、延べ 約80名の申し込みがありました(エクセル)
最終回、受講者が作成した年賀状の数々、来年の干支‘とら’を選び貼り付けなど、受講者の達成感は最高潮!(年賀状・チラシ)
11月、まちづくりグループ『北とぴあ平和記念像前花壇美化ボランティア』で、600鉢を移植
12月、消費生活グループ『読売新聞東京北工場見学』参加35名、コミュニティールームで説明を聞き3班に分かれ移動
『読売新聞東京北工場見学会』その2 騒音のため各室に仕切られ、まるで迷路のよう(インクタンク内)
   
12月、運営委員研修会『北区次世代育成支援行動計画』講師:子ども家庭部 副参事(子ども施策担当) 道給 昌子さん
運営委員研修会その2 『北区次世代育成支援行動計画』のパブリックコメントのための学習、参加:ねっとわーく運営委員14名、会員8名(計22名)保育付  


「みにきたWeb」北区市民活動情報サイト