傾聴クラブ こあら
傾聴クラブ こあら
北区NPO・ボランティアぷらざが主催した「傾聴ボランティア講座」の受講生が立ち上げたグループです。全6回の講座を経て、2009年4月に「傾聴クラブ こあら」を設立しました。以来、定期的な勉強会を続けながら少しずつ活動の場を広げています。
「こあら」という名前は傾聴によって、話しても聞き手も「こころとあたまを楽にしよう」という気持ちをこめて命名しました。現在の活動の場は老人福祉施設が主ですが、ボランティア活動の対象は特に限定していません。高齢者の方だけでなく、介護をなさっている方、子育て中の方、病気の方、困難な状況にある子どもたちなど、傾聴ボランティアが力になれる場面は多岐にわたると思います。
これから、あらゆる場面でお話し相手としての活動を行いながら、地域の皆さんのお役に立ちたいと思っています。